長距離トラックドライバーのデメリット

荷物の量や道路の状況によって休憩がほとんど取れないことがある

長距離トラックドライバーは、運送業界の花形として期待されていますが、他の職種のドライバーと比べて業務がハードになりやすいことから慎重に職場選びをすることが大切です。特に、大型連休中や年末年始など荷物の量が多くなったり、高速道路が渋滞しやすくなったりする時期は、ほとんど休憩時間が取れないこともあるため気を付けましょう。最近では、一年を通じて一人ひとりのドライバーが無理なく業務を続けられるよう、営業所のドライバーの配置に余裕を持たせたり、勤務シフトの見直しをしたりしている会社も珍しくありません。また、様々な事情で通常よりも大幅に休憩時間が短くなる場合に特別手当を支給している会社もあるため、就職活動を通じてじっくりと各社の方針を確認しておきましょう。

運転手が足りていない営業所では連日夜勤を任される場合もある

人手不足の状況にある運送会社の営業所においては、経験が豊富な長距離トラックドライバーが連日の夜勤を命じられることもあります。また、時期によっては、多くの顧客からの荷物の依頼が殺到するため、休日が週に1日になったり、仮眠時間が短くなったりすることがあります。そこで、長距離トラックドライバーとして長く仕事を続けるには、数ある運送会社の中でも、荷物の量と労働時間に無理がないところや、各ドライバーの役割分担がきちんと行われているところを選ぶのがポイントです。また、夜間の運転が苦手な人は、日勤中心で仕事を任せてもらえる運送会社を探したり、契約社員やパートなど正社員以外の働き方に目を向けたりするのも良いでしょう。

ドライバーの派遣業務には、企業役員の運転手や運転代行があります。経験の有無を問わないで募集をかけている案件があります。