長距離トラックドライバーのメリット

運転が好きな人なら定年まで高収入を得ることができる

長距離トラックドライバーは、一日に運転をする距離が長くなるため集中力や体力が求められますが、運転が好きな人であれば定年まで高収入を得ることが可能です。また、残業や夜間、早朝の勤務がある運送会社においては、基本給や業務手当が高いところが多く、雇用形態に関わらず安定収入を目指すことができます。最近では、運転手の不足の問題に対応するため、定年制を撤廃したり、再雇用制度を導入したりする運送会社も珍しくないため、将来を見据えて働きがいのある会社を探してみましょう。なお、長距離トラックドライバーの仕事上の負担を軽くするために、採用試験を受ける前に各社の給料ばかりでなく休憩時間の長さや毎月の休日の日数も確認しておきましょう。

転職をする際に過去の実務経験を高く評価してもらえる

長距離トラックドライバーの中途採用試験を実施している会社は全国に多くあり、運転技術に長けた人や、若手のドライバーの指導が得意な人が重宝される傾向が見られます。一般的に、長距離トラックドライバーとして大手や中堅の運送会社に長く勤めたことがある人は、転職活動の際にも多くの企業に高く評価してもらうことができ、じっくりと新しい職場を決めることが可能です。また、ドライバーのリーダーとして活躍しただけでなく、運行管理者など営業所内で責任のあるポジションを担当した人を求めている会社も増えています。そうした中、転職活動を始めるにあたり、採用後にミスマッチを感じないためにも、それぞれの運送会社が期待している人材について理解をすることが大事です。

運送業などのトラック運転手の募集の際に持っていると有利になる資格には、けん引免許、フォークリフト、玉掛けの資格などがあります。