短距離トラックドライバーのメリット

毎日自宅に帰ることができる

トラックドライバーは会社ごとに扱う荷物や届け先が異なります。特定の地域を集配するなど短い距離を走行する、短距離ドライバーの強みとして挙げられるのが労働時間の短さです。数百km先まで荷物を届ける長距離ドライバーの場合、どんなに急いでも往復に数日程度掛かってしまいます。一度会社を出たら1週間近く戻れないケースも珍しくありません。短距離ドライバーは文字通り近場を回るので大半はその日のうちに業務が完了します。道路の混雑状況で残業になることがあっても毎日自宅に帰ることは可能です。車の運転は肉体的、精神的疲労が溜まりやすく、次の日に疲れを残さないことが基本となります。自宅で休息を取れるのは短距離だからこそのメリットです。

最低限の資格のみで採用される

長距離と短距離のドライバーの大きな違いの一つに採用のされやすさがあります。車の運転は車両の大きさに比例して高い技術が必要です。一回の輸送で多くの荷物を運ぶためにトレーラーを始めとした大型を運転する長距離ドライバーは、対応した免許以外にも経験や保有歴も問われます。それに対して近場のルート配送が中心の短距離ドライバーで使われる車両は、大半が普通自動車免許でも運転可能な大きさです。日常的に乗用車を運転している人はもちろん、経験が浅いドライバーでも採用されやすいと言われています。トラック関係の仕事に就きたいけれど、運転歴が浅く大型の扱いに自信がないという人でも安心して働けるのが短距離ドライバーの強みです。

コロナ禍の影響でネット通販等の需要が高まりつつある事から、運送業の求人は増加傾向になっています。男性が多かった業界でしたが、女性ドライバーの需要も高まっています。