短距離トラックドライバーの求人を選ぶポイント

同じ職場で長く働きたい場合は転勤の可能性を確認しておこう

短距離トラックドライバーの求人選びをする時に注目するポイントは人それぞれですが、同じ職場で長く働きたい人は、将来的に転勤の可能性があるか調べておくことが大切です。一般的に、国内各地に多数の営業所がある運送会社に正社員で入社をする場合には、役職によって遠方に転勤を命じられることもあるため注意しましょう。一方、短距離トラックドライバーとして現場で定年まで働きたい人は、勤め先の方針によりますが、転勤がなく一つの営業所で働き続けることも可能です。なお、転勤により生活環境が大きく変わることを避けたい場合には、初めからエリア限定のドライバーの求人を選択したり、転勤がないことを人事担当者に確認したりすることが重要です。

パートやアルバイトで働く場合は出勤日数と労働時間をチェック

短距離トラックドライバーの雇用形態は会社によって様々ですが、パートやアルバイトで自分のペースで働きたい人は、就職活動中に各社のドライバーの出勤日数と労働時間をチェックしておきましょう。たとえば、小さい子どもを育てている人や、体力に自信がなく長時間働くのが難しい人は、週に数日から勤務ができるところや、休暇を申請しやすいところを職場の候補に入れるのがおすすめです。最近では、繁忙期でもドライバーを増員して、一人ひとりの希望に合わせて働けるように対策を立てている運送会社も増えています。そのため、早期離職を防ぐためにも、時間を掛けていくつかの運送会社のパートやアルバイトのドライバーの働き方について比較をすることが大事です。

運転手の求人案件は、小荷物の配達ドライバーが多いです。配達エリアは近距離中心で、1日のノルマがあります。